精力剤を選ぶ時にはシトルリンの配合量に注目

精力剤口コミ比較サイト≪2018年おすすめ人気ランキング≫

精力剤口コミ比較サイト

精力剤を選ぶ時にはシトルリンの配合量に注目

読了までの目安時間:約 3分

手を差し出す男性

私は40代の前半の男性ですが、40歳になったころに自分の精力が急に衰えたのを感じ、精力剤をいろいろと試しました。しかしなかなか効果のあるものに当たらず、本気になって「勃起不全」というものについて調べた結果、ある成分が非常に重要だということを知りました。

 

そして、その成分が1回あたりの飲用量につき、どれだけ入っているかを調べ、最も多かったものを選んで購入し飲みつづけた結果、精力減退が回復し、また満足できる生活をくれるようになりました。

 

その成分とは「シトルリン」です。よく、精力剤の広告にも「シトルリン500mg!」などのコピーが乗っているものがありますが、あれが本当に重要なのです。当たり前の話ですがおさらいすると、勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで、その海綿体が膨れ上がり固くなって発生するものです。

 

反対に言うと、勃起不全は、血流が弱くなって、あるいは血の量そのものが少なくなって、十分に海綿体に血が流れ込まなくなり、その結果海綿体が十分に硬くならないことによって起こるものです。

 

したがって、海綿体に流れ込む血の量を多くしてやれれば、勃起不全は解消するはずです。

 

その一番手っ取り早い対策は、海綿体に流れ込む血管を拡張させることです。それをつかさどる物質は一酸化窒素というものです。ですので、一酸化窒素を精力剤の形で身体に取り込めれば1番よいのですが、実は空気中では一酸化窒素は丸薬や飲み薬に入れることは技術的にできません。

 

そこで、登場するのがシトルリンです。シトルリンは、もともと動脈硬化などによる心臓の疾患のために使われていた成分です。これは、身体の中に入ると一酸化窒素に変わって心臓の血管を拡張させ、血流を改善して心筋梗塞などを予防させる効果のあったことで知られている成分です。

 

したがって、勃起不全についてもシトルリンを飲めば、身体の中で一酸化窒素になり、その一酸化窒素が海綿体への血管を拡張させて血流を増やし、その結果海綿体が非常の固くなって、勃起不全が回復するということが起こるのです。

 

ですので、精力剤を購入するときには、まずシトルリンが1回の服用に対してどれだけ入っているかを見て、その1番多いものを選ぶようにしましょう。またシトルリンと似た性質のものとしては、アルギニンがありますので、シトルリンとアルギニンの配合の総量で判断するのもの良いと思います。

 

ぜひ効果のある精力剤を購入し、自分自身に自信が持てるようにしましょう。

 

精力剤口コミ比較ランキング|TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
精力剤体験談
精力剤関連記事